ちょっとした工夫で「気持ちいい~♪」

連日の35℃超え!
毎日暑くて、ぐったりしちゃいますね。

日本には昔から、「打ち水」や「すだれ」などの、暑い夏を乗り越えるための暮らしの工夫があります。
今でも街中でよく見られる、朝顔やゴーヤなどの「緑のカーテン」も、涼を感じる工夫のひとつですね(*^-^*)

また、涼を感じる魔法のアイテムとして「ハッカオイル」が、おすすめです!
ハッカオイルをスプレーボトルに数滴入れて水で薄め、うちわや洋服にスプレーすると、
爽やかな香りがしてサッパリしますよ!
ハッカオイルには、実際に体感温度を下げる効果もあるそうです~。

さてさて、ここからは、プレパひろばでの、暑さを乗り切る「ちょっとした工夫」をご紹介します~!

涼しい朝は自然な空気を部屋に入れています。気温が上がり、エアコンを使用する際も、
除湿をしたり、外気温との差が大きくならないように部屋の温度設定を心がけています。

外は気温が上がると、立っているだけでも汗が流れますね~
そして、赤ちゃんを抱っこ紐に入れたり、ベビーカーを押してひろばに来るだけで、
親も子も汗びっしょり。

なので、ひろばに来室した時、濡らして冷やした「冷たいおしぼりタオル」を用意しています。

首の後ろや脇の下・太ももの付け根(リンパ部)などにあてると、こもっていた熱がとれて、
身体がスッキリしますよ。

汗疹予防にも、効果的です!(^^)!

赤ちゃんの頭に巻くと…あら、帽子みたいで、かわいい~♡

うちわも用意しています♪
ひんやりした身体に風があたると、気持ちいい~~(*^-^*)

「冷たいおしぼりタオル」 来室時にぜひご利用くださいね♪

他にも、暑い夏を過ごすコツを紹介しています。
こちらの記事をご覧ください。