”はじめまして”のねんねの赤ちゃん、おいで~!

「ねんねの赤ちゃんとママは、どうしてるかなぁ?」と…
と、コロナでの自粛期間中から、ひろばスタッフは気になっています。
プレパひろばのスタッフは、下の子がまだ保育園に通っている世代なので、赤ちゃんを連れて外へ出ることは心配だろうな…二人で家に閉じこもっていたら、不安が大きくなるだろうな…と、自分ごとのように心が痛くなるからです。

そこで、2ケ月-6ケ月「ねんねの赤ちゃんとママ」が集まる時間をつくりました!!

赤ちゃんが安心して来れるように、コロナの感染予防を徹底しています。例えば、
・定員5組の予約制
・体温&体調チェックとマスク着用
・一人1つのおもちゃBOX貸し出し
・随時、部屋の換気
・こまめな消毒
(例えば畳に唾液がついたら、シュッとスプレーして拭きます)

****    ****   *****

月齢の小さな赤ちゃんとの生活は、赤ちゃんのペースに合わせての睡眠、お風呂、食事…と、「赤ちゃん 〉私 」だから、ストレスがたまるのが当たり前。その上、コロナで外出自粛… 。

『プレパひろば』では、溜まった「もういやー!」をぶちまけるのも、ハマっている事や自分の趣味のことを思う存分しゃべるのも、産後ダイエットの話で盛り上がるのも、「お風呂どうしてる?寝かしつけ大変?」などの、子育ての情報交換をするのも、何でもOK!

ママが、気楽な気分でおしゃべりする時間は大事です。とくに初めての子育てで、「ママ」になったばかりの時期に、頑張りたい!気持ちはよくわかります。でもだからこそ、「○○ちゃんのママ」ではない、「私」に戻る時間を意識的につくってほしいな〜と思うのです。

また、プレパひろばは、赤ちゃんに安全な畳のお部屋です。そして、スタッフや他の参加者と一緒にみんなで赤ちゃんを見守るので、赤ちゃんから目を離しても大丈夫。「1人じゃない」安心感や気楽さを実際に感じることで、「いつも気を張っていたんだなー」と、ちょっと疲れていた自分に気づくこともあるかも。

赤ちゃんたちも、珍しいおもちゃに夢中になったり、他の子に興味を持ってじーっと見たりと、刺激的な時間を過ごしています。また、赤ちゃんと遊ぶのが大好きなスタッフがあやすと、嬉しいそうに手足をバタバタしたり、ケタケタと笑だす子もいます。そして、楽しく心地よく疲れると…いつの間にかスーッと寝入る子も。

赤ちゃんは、いろんな人にあやしたり抱っこしてもえるように、「可愛らしく」生まれきているんですって。赤ちゃんは、いろんな人に慈しまれて育ちたいんです。子育ては、一人ですることではないんですよ。

そして、赤ちゃんと一緒に、人がいる場所に出てかけて行って、いろんな人に可愛いね〜と声をかけてもらう、誰かのその声は…  赤ちゃんを喜ばせるだけではなくて、ママが一人で背負っている重荷を軽くする…魔法の呪文になるかもしれません。

「ひろばにいると時間が過ぎるのが、あっという間!」
「なんか、来る前よりもちょっと元気になった」と、
ママたちからの笑顔の声がでてきたら、「よかったなー」と、スタッフの心も少し軽くなります。

あかちゃんデイねんねタイムは水曜12:30~14:30です!開催時間ギリギリでも空いていることもありますので、どうぞ気軽にお電話ください。
詳しいひろばの内容・予約についてはこちらをご覧ください♪