「いいよ」って言えない子になったら困る・・・?

お皿にに細長いどんぐりだけを集めている男の子。
土が付いたやつは洗ってる。
ひとつひとつよく見てヒビが入ったのや割れてるものは避けているみたい。
熱心にどんぐりと向き合う2歳児。さながらどんぐり職人。

お皿いっぱいのどんぐりは誰の目にも魅力的。
側にいた1歳児にすぐ見つかります(笑)

「あー!」と、どんぐり職人。

慌てすぎて「ダメ」が言葉にならなかった模様。
大声で特級どんぐりを守ります。

スタッフが1歳児にどんぐり選考から漏れたひび割れどんぐりを
いくつか見せるとそれで満足した様子。

どんぐり職人はお母さんから「少し分けてあげてもいいじゃない?」と
提案されていましたが選びぬいたどんぐりをそう簡単には渡せないのです。

人に譲ったり、分けたりすることは大切なこと。
でも、そう簡単には分けることができないときや理由があるんですよね。

お友だちに「いいよ」って言えない子になったら困る・・・?

大丈夫。
どんぐり職人は砂場に山を作り出すとそれが楽しくなっちゃって
「このどんぐり貰っていいー?」って聞いたら
「いいよー!」って元気に答えてくれましたから。