【理学療法士さんに聞いた】外あそび、いつから始める?

「外あそびって、いつから始めたらいいんだろう?」
「おままごともボールけりもまだできないけれど、外あそびできるのかな?」
「小さい子が外であそぶと、実際どんないいことがあるの?」
「どうな風に子どもとあそべばいいの?わからなくて…」

0〜3歳の外あそびを応援する『おひさまぴよぴよ』には、外あそびに関するいろいろな質問が寄せられています。
そこで、”身体のスペシャリスト” 理学療法士さんに、外あそびと小さな子どもの体の発達について、大事なところをぎゅっと凝縮してお話しいただいた ショートムービをつくりました。

パパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃん、0-3歳の親子が集まる子育てひろばのスタッフの方など、どなたにでも観ていただきたいなー
外あそびは、子どもの興味関心が広がるし、いつの間にか様々な体の機能を使うので、子どもが育つ♪
外あそびが日課になったら、子育てがより楽に、より楽しくなったという方も多いんですよ。

ところで『おひさまぴよぴよ』では、ムービでお話いただいている理学療法士の中原規予先生が来てくださる=理学療法士さんとあそぼう企画=も、ただいま進行中です♪

=”身体のスペシャリスト” 理学療法士さんとあそぼう企画=

「うちの子の発達…どうだろう?」と、なんとなく気になるなーという方
「発達診断で様子をみましょうと言われたけれど…何かできることはないのかな?」と考えている方
『おひさまぴよぴよ』であそびながら、中原さんとお話ししてみませんか?
子どものために大人ができること、子どもと過ごす時間の楽しみ方など、ご自身も子育て中の中原さんのお話は、具体的であったかい♡
(*中原さんとお話したい方は、予約が必要です。)

日程:2020年 12月11日(金)都立石神井公園 ←ご予約受付中!!
2021年  1月28日(金)都立光が丘公園
2月12日(金)都立石神井公園
2月16日(火)区立豊玉公園