あそびっこから、PLAYTANKへ

あそびっこネットワークは、PLAYTANK(プレイタンク)へ。

NPO法人あそびっこネットワークは、『NPO法人PLAYTANK』(プレイタンク)へと団体名を変えました。PLAY(プレイ)は「あそぶ」。TANK(タンク)は、こどもがあそんで育つ力を蓄えていく「心とタンク」と、こどもがあそんで育つことにに関する知見を貯めて発信する「シンクタンク」という、2つの意味を込めています。

2003年、「ウチの子が外であそべない」ことを心配した親たちが集まり冒険遊び場づくりの活動を始めたのが、本団体の始まりです。そして、2011年にNPO法人化して『あそびっこネットワーク』となり、「こどもが外で!あそぶ “まち” 練馬」を目指すようになりました。活動をする中で、「あそべない小学生」は乳幼児期の育ちに原因があると気づいてきて、乳幼児期から学童期への切れ目のないアプローチができる新しい「事業の提案」と既存の事業の「運営&人材育成のスキームづくり」に取り組んできています。

そして2019年、団体名を『PLAYTANK(プレイタンク)』に変えたのを機に、「Play:あそぶ」×「こどもの発達」「主体的な学び」「子育て」「地域コミィニティ」に関わる実践者、専門家、専門施設、団体、企業、自治体、保護者、地域のシニア世代のみなさんとつながり、協力・連携・協働することを通して、「あそぶ」をより深く、広く、実践的に考えて(think:シンク)いくことにしました。
また、そうして得た知見・見識・データを事業の運営スキームづくりに反映したり、新しい事業提案に活かしていくことを通して、子どもが外で!あそぶ 「まち」が、日本中に広がることにコミットします。

PLAYTANK(プレイタンク)が目指すのは、すべてのこどもが、自分と社会の未来に希望を抱き、主体的に、自分の人生を生きることと、持続可能な社会をつくることを “楽しむ力” を、外で!あそびながら育むことです。

これからのPLAYTANK(プレイタンク)を、どうぞよろしくお願いいたします。

PLAYTANK(プレイタンク)が実施する事業

①赤ちゃんから小学生が、外!であそんで育つ “あそび場づくり”をします。
=子育てひろば、学童保育、冒険遊び場の運営
=校庭・園庭の外あそび促進

②子どもがあそんで育つ大切さを発信して、社会の価値観を変えます。
=講座・ワークショップ・イベント開催
=専門職の学びの場づくり
=広報媒体作成、出版・動画等配信
=講師派遣

③こどもが外で!あそぶ「まち」が日本中に広がるために、事業提案と事業の質の向上に取り組みます。
=事業の政策提言
=事業運営&人材育成のスキームづくり
=あそび場づくりのコンサルティング

================
実施事業のHPアドレス
・練馬区立こどもの森
(HP)https://nerima-kodomonomori.com/
・学童保育あそびーむ
(HP)http://asobeem.com/