「やろうぜっ!」のエネルギー

この夏
小学生から幼児までの子どもたちが関わる
「深い穴掘り」が流行しました!

小学校6年生が中心となり、
高学年の小学生たちのエネルギーが集まると
あっという間に、2mほどの深い穴に!!
しかも、湧き水が出てきたことで、
「井戸作れるんじゃない!?」というある子の発言から
子どもたちのイメージは広がり、
「穴掘り遊び」から、本気になっての「井戸作り」に。

リーダーである6年生は、
「君は、深い穴を掘り続けて」
「君まだ小さくて、穴の近くは危ないから、
そこにある土をあっちまで運んで」
「穴掘りするメンバーが足りないから、
アルバイト募集の看板を作ろう」など
メンバーの能力に合わせて指示を出し、
周りの意見を引き出しながら、
井戸づくりを進めていきました。

「夏休みは終わっちゃったけど、
もっと本格的に井戸づくりをやりたい!」という6年生の言葉から
他の小学生と協力して、
プレーリーダーに企画書を提出。
企画書には、こんな井戸をこの場所に作りたい、
危ないと思うことは幼児が入って落ちたりすること、
だからこう囲って落ちないようにするなどが書いてあった。

いやー、6年生の意見をまとめて自分のやりたい!を実現する力に感無量。
プレーリーダーも一緒になってわくわくしてます。
人を動かすってやっぱりその人の「やりたい」って強い思いと
わくわくしているあそび心ある空気なんだよな~と思う今日この頃。